クレジットカードに対するイメージ

私が初めてクレジットカードを作成したのは、成人した頃だったと思います。
それまではインターネットで商品を買っても代引きを利用したり、事前に支払う方法を使っていました。

しかし、親からそろそろ一枚はクレジットカードを作成したほうがいいとのすすめがあり、私はクレジットカードを作成することにしました。

そもそもクレジットカードが何なのかはよくわかっていなかったのですが、便利なのだろうということは知っていました。

そして、どきどきしながら申込書類を記入して作成し郵送したのですが、あっという間に出来上がって届いてしまい「こんなに簡単に作れるのか」と大変驚きました。

地元で有名な企業のカードで、地元の人なら誰でも持っているようなカードです。

今もそのカードをインターネットで通販をする際の支払いで使用しています。
代引き手数料も、支払い手数料もかからず本当に便利なものだと思います。

請求が二ヶ月飛ばしで届いたりなど、どきどきすることもありますが今後もそのクレジットカードを使用していきたいです。

クレジットカードと言うとなんとなく使いすぎてしまったりなくしたりしたら誰か他人に使われてしまうと言ったような不安を抱える方は少なくありません。

もちろん現金より「目に見えない」分きちんと自己管理できなければムダ使いしてしまうといた危険はつきものですが、万が一のときも多くのクレジットかードには盗難補償が付帯していますしとても便利なものです。

そしてクレジットカードにはただ買い物をしたりキャッシングするだけの機能だけでなく他にもお得な活用方法があります。

例えば私が保有している某大型小売店発行のクレジットカード。
年会費は永年無料で作れます。
そこでの買い物に使えばポイントがたまるいわゆる「ポイントカード」として使えます。

クレジットカードのほうがお得にポイントが貯められる仕組みになっているので断然お得です。

クレジットカードは、発行している会社の種類によって、銀行系や信販系、流通系というふうに分けることができます。
銀行系は特に審査が厳しくなりますが、それに対してより審査が甘いとされているのが、流通系のクレジットカードです。

流通系というのは、デパートやスーパー、コンビニ、専門店などのことを指していて、具体的には「イオンカード」や「セゾンカード」、「セブンカード」、「ローソンpontaカード」、そしてIT系の「楽天カード」などが挙げられます。

このようなカードを発行しているのは、もともと店舗で多くの消費者を相手に営業を行っている会社ばかりです。
そのため、クレジットカードも主婦や若い人など、幅広い層をターゲットとしていて、あまり審査を厳しくすることに意味がないのです。
同じような理由で、店舗や街頭、あるいはテレビCMでさかんに勧誘を行っているクレジットカードは、基本的に審査が甘くなると考えてよいでしょう。
参考:審査が甘いクレジットカードナビ

そして発行している会社の種類別で底のサービスやのラウンジ等サービスがうけられること。

ラウンジには各種飲み物、簡単なお菓子が用意されとてもくつろげます。買い物の疲れもここで癒すことが出来ます。

このようにどのカードにも特典があったりするのでそれを目当てにクレジットカードを選ぶのも良いかもしれません。

しかしその反面私はクレジットカードに対して、便利すぎて使用をためらってしまうというイメージを持っています。

使用できるお店がたくさんあり、ネットでのショッピングで使用する場合、わざわざ銀行へ行かなくても買い物ができるという利点があります。

ただ、便利すぎるとつい買い物をしすぎてしまう可能性があり、後々請求がくるころにはがっかりしてしまいます。

現金払いなら、商品を受け取るときにお金を支払うため、満足感が大きいですが、クレジットカードでの決済だと突如現れた請求のような感じがするため、損をした気分になります。(もちろん自分の買い物の支払いだということはいうまでもないですが…。)

またクレジットカードで、ローンを組むこともできるそうですが、ローンは使用したことがありません。

クレジット機能付きのカードを勧めるお店が増えてきていますが、そこまで枚数が必要だとも思えませんし、あくまでクレジットカードは現金の補助的な意味で使うのが一番いいと思います。

確かにクレジットカードで購入すると何%かは安くなるところもあるみたいですが、私は少し高くても後々がっかりするほうが嫌なので、クレジットカードは必要最低限しか使用していません。

あくまで私の考え方なので、自己管理をしっかりできる方なら使用してもよいカードではないかと思います。